顔全体に広がる小さなほくろ、小鼻の大きなほくろがあっていじめられた

現在は育児中の専業主婦(38歳)です。身体全体にホクロが多く、特に顔にはたくさんあります。そして小鼻の横に大きなホクロが1つあり、小学生の頃からよくからかわれていました。記憶しての中では、幼稚園の頃は自分は可愛いと思っていました。周りの大人も「ホクロがあっても可愛いねー」と私の事をすごく褒めてくれていたし、幼稚園の写真をみても自信に満ち溢れた可愛い笑顔が多いです。小鼻の大きなホクロも、顔に多い小さなホクロも個性だと親が言ってくれていたからだと思います。

しかし小学生の4年生くらいになると、ホクロが多い事を「星座早見盤みたい!」とよく言われるようになりました。時代のせいか教師も「お!鼻クソがついとるぞ!」みたいなイジリをしてきてました。もちろんクラスは爆笑です。

もともとクヨクヨしたり泣いたりするタイプではありませんでしたが、それでもやはり中学の思春期になると、周りの目が気になりだしました。そんな中学3年の時に、同じクラスになった男の子が同じ小鼻の横にホクロがあり「もう運命だろ!お前ら結婚しろ!」「握手したらホクロがうつるらしいぞ!」と、イジメの対象になってしまいました。もう中学時代は思い出したくないくらいです。まったく楽しい思い出はありません。それでも元々明るい性格のおかげか、不登校にもならず高校に進学する事ができました。

親からもらった身体。当時、ほくろを取るという選択肢はなかった

学生時代に父が「そのホクロ気になるか?」と一度だけ聞いてくれた事があります。しかし私は何か遠慮してしまって「ううん。別に嫌じゃないよ。」と言ってしまいました。高校生になってイジメは無くなったのですが、仲の良い男子と話していると、ちょ目立つ系の女子にすぐに陰口を言われていました。

どんどん自分に自信が持てなくなっていて、写真に映るのも嫌で、この頃の写真はほとんど残っていません。それでも【ホクロを取る】という選択肢はありませんでした。怖いと言うのはもちろんありますが、何より親や祖母が「このホクロがあるからあんたは可愛いんよ」と言って育ててくれたこの身体に細工をするのは気が引けてなりませんでした。

突然、父が他界。肉親がいなくなり、ほくろ除去を決断した。

社会人になって化粧もするようになりましたが、やはりホクロの多さは目立ちます。何より小鼻の大きなホクロは更に大きくなっていました。そんなある日、父が突然他界したのです。クモ膜下出血で本当にあっけなく。私が23歳の時です。すでに母も祖母もいなかった私は、一人で生きていかなければならなくなりました。もう私のホクロを「可愛い」と言ってくれる人はいないのです。
皆んなが私のホクロを馬鹿にしてるように思え、家を出るのも嫌になり、鬱の様になってしまっていました。鏡も見れず、カッターで自分で切り落とそうかと思いました。私がホクロ除去手術を受けようと決意したのはこの時です。とりあえず小鼻の横の、この「鼻クソ」「うつる!」と言われたこのホクロだけは取って、自分の力で自分一人で頑張って行こうと。

世界が一変!たくさん恋愛もしましたし、結婚してかわいい子供もいます。

ホクロはレーザー除去手術で取りました。ほんの少し痕は残ってますが、今まであったホクロに比べたら何て事ありません。ちょっと化粧すれば「え?どこ?」ってくらいわかりません。

世界が一変しました!いつも手で鼻元を隠していたり、マスクしたり、皆んなに見られ馬鹿にされてる気がしていたのに、今は毎日笑顔で過ごしています。たくさん恋愛もしました。今は結婚して、可愛い子供もいます。

学生時代に父が「気になるか?」と聞いてくれた時に取っていたら、もしかしたら違う人生を歩んでいたかもしれないと思える程です。父は私が悩んでいる事をちゃんとわかっていたんですね。親からもらった大切な身体だとは思うけど、子供が辛い思いをしていたら親も辛いだろうなと、今になって思います。

ホクロ除去だけではなく例えば二重にするとか、胸を大きくする手術とか、もし私の子や友達が身体にコンプレックスの抱いていたら、「実は私もホクロ除去手術したんだよ。悩んでるのなら手術も視野にいれてもいいんじゃないかな。」と言ってあげたいです。