子供の頃から大人になるまでずっと早口

私は現在30歳の男でネットを中心とした広告代理店で営業を行っています。私のコンプレックスは「とにかく早口であること」です。子供の頃から友達に「○○君早口過ぎて何言ってるか分かれへーん!」とからかわれ続けてきましたが、それは大人になった今でも変わりません。

仕事では取引先の人と話をしている時にも「えっ?」と聞き返されることがよくあります。対面で話している時には表情やジェスチャーなどから何となく伝わることもありますが、電話口だと本当に音声のみなので「えっ?えっ?」と連発されてしまいます。プライベートでも彼女に対して気の利いた一言でキメたつもりでも「今何て言った?」と聞き返され台無しになってしまいます。

緊張感によって加速していく早口。2倍速か!

私は普段の会話から割と早口ではあるのですが、特に緊張が高まるとその速度が増してしまうようです。だから上述したような取引先との会話や彼女に対しての決めゼリフなどここぞ!と言う時には余計に聞き取りにくくなってしまうのです。

カウンセリング等に行って話を聞いてみても緊張感でそうなってしまうことは私に限らずよくあることのようです。ただ私の場合は地のスピードがそもそも速いだけに、緊張するとほぼ聞き取れない速度にまで達してしまうようなのです。

自分の会話を録音して聞き直してみて愕然!何を言っているのかわからなかった。

社会人になるまでは友達との会話だったので笑ってすませられましたが、社会に出てからはそうもいきませんでした。私の話が聞き取りにくいせいで取引先の人に怒られることもしばしば。そんな時に私の上司が言ってくれたのは「お前、一回自分の会話録音して自分で聞き直してみ?」ということでした。

私は試しに上司とのミーティングを録音させてもらい、それを帰りの電車の中で聞いてみたのですが自分のしゃべる速度のあまりの速さに愕然としてしまいました。話したことをある程度覚えているはずの私でも何を言っているのか分からないことだらけだったのです。

翌日上司からは「普段みんながどんな感じで聞こえてたか分かったか?」と聞かれ「俺とのミーティングは毎回録音しろ。自分が何を言っているか自分で分かるようになるまでずっと続けろ」と言われました。それからは本当に毎回上司とのミーティングを録音し続け、帰りの電車で聞き続けました。

徐々に聞き取れるように改善できた

効果はすぐには表れませんでしたが、半年ほどこの習慣を続けていくと段々と自分の言っていることが聞き取れるようになってきました。半年前の録音と新しい録音を聞き直してみるとその速さの違いはビックリするほどでした。今でも「あぁ焦って早口になっちゃったかな」と思った時には昔の録音を聞き直して自分を戒めるようにしています。

もし早口がコンプレックスの方がいらっしゃいましたら一度自分の会話を録音してみることをオススメします。周りの人がどんな感じで自分の話を聞いているのかを体感できれば、それを治すように努力するのにも自然と熱が入ると思いますよ。